長谷部浩ホームページ

長谷部浩ホームページ

2018年8月8日水曜日

【劇評116】清新な歌昇、種之助の挑戦

歌舞伎劇評 平成三〇年八月 国立劇場小劇場 

歌昇、種之助の兄弟による「双蝶会」も、第四回を数える。尾上右近の「研の会」とともに、八月の風物詩になりつつある。近年では「亀治郎の会」を辛抱強く現・猿之助が続けて結果を出した。また猿之助は、そのすぐれた企画力とリサーチ能力を対外的に示したのが大きい。この先例にならってか、「双蝶会」は意欲的な演目を並べている。
今年は種之助の忠信、歌昇の義経による『四の切』。三十分の休憩を挟んで、歌昇の関兵衛実は黒主、種之助の宗貞の『関扉』と大きな狂言が出た。『関扉』では、児太郎も小町と墨染を勉強している。さすがにこれはと思うほどの大役こそ、勉強会にふさわしいのだろう。
まず、『四の切』だが、派手な沢潟屋の型をあえて選んでいない。とはいえ、仕掛とケレンのある演目だが、以外に難物であるのはいうまでもない。まず、本物の忠信に威厳が、そして狐忠信に哀感がなければならぬ。とはいえ、親を亡くした子狐とはいえ、幼すぎてもいけない。静御前(京妙)の旅に付き添い、なにくれと心を配ってきた設定だからである。
前半の忠信は、現在の年齢からいっても、神妙に勤めるほかはない。落ち着いた芝居で力を低く落として好感が持てる。ただし、意外な展開に戸惑う気配が伝わらず、まだまだ武士の威厳に乏しい。後半は種之助生来の愛嬌が活きる。親を失い、鼓の皮となった親を慕う気持ちがよく伝わってきた。身体がよく切れるが、これほどの狂言の動きは、なんといっても回数を重ねて身につくものだろう。この困難をものともせず、稽古を重ねて今回の舞台にのぞんでいるのがよくわかった。
『関扉』もまた大曲中の大曲。舞踊劇としても重い。前半、種之助の宗貞が「出」からしばらくは、若々しさが出すぎて頼りなく見たが、芝居が進うちに、鷹揚さが漂うようになったのは、このところの勉強の成果だろう。派手なしどころが少ないだけに、役者のよさで見せていかなければならない。
歌昇は関兵衛のうちは、自在に藝に遊ぶ進境とは遠く、滑稽味が足りない。ところが、意外といっては失礼だが、「はて心得ぬ」からの見顕し、黒主になるといきなり大きな役者に見える。荒事の筋がいいのは、すでに定評がある。隈取りが似合うのも研究の成果だろう。古怪というのは褒めすぎだと思うが、黒主の心の闇がほのみえるのは藝質がすぐれているからだろう。
児太郎は小町を若さと美しさで乗り切る。さらに墨染になってからは、傾城の手管を見せるときに、ひらめきが感じられる。父福助譲りのあだっぽさも加わってきた。まだまだ、墨染は荷が重いが、将来の充実が期待できる舞台となった。
清新な勉強会を観て、気持ちが晴れやかになった。なによりの公演である。

2018年7月16日月曜日

【劇評115】海老蔵が猿・秀吉となる趣向

 歌舞伎劇評 平成三〇年七月 歌舞伎座昼の部

七月歌舞伎座昼の部は、『三國無雙瓢箪久 出世太閤記』。黙阿弥の『大徳寺焼香の場』の復活かと思いきや、今回は昭和五六年の『裏表太閤記』を参照しつつ、新たな台本に仕上げている。織田絋二、石川耕士、川崎哲男、藤間勘十郎の四者による補綴・演出である。
歌舞伎のイロハはもとより、通し狂言の仕組みを知り抜いた補綴で、復活狂言にありがちな生な感触がまったくない。輝かしい美男の海老蔵が、猿と呼ばれる秀吉となる。その意表をついたおもしろさが全編を貫いている。

眼目は、なにより二幕目第三場、松下嘉兵衛住家の場。鶴屋南北の作を活かした部分で、光秀の遺児重次郎(福之助)が実は、秀吉(海老蔵)と女房八重(児太郎)の子であったという奇想を、皐月(雀右衛門)、嘉兵衛(右團次)の手厚い芝居で見せる。
続く大徳寺は、松江、亀鶴、市蔵、権十郎、斎入、家橘、友右衛門、獅童と顔が揃って、坦々とした台詞劇を見せる。宙乗りを喜ぶ現在の観客には、なかなか辛抱がいる件となっている。

今回の舞台は、序幕の夢の場はともかくも、本能寺の場、備中高松場外の場で、獅童と海老蔵に大きく寄りかかっているところにある。もとより歌舞伎は役者のありようを見せる演劇だが、こうした場こそ脇を手厚くしないと芝居に旨味がなくなる。
座組は、幕外の人間には伺い知れない難しさがあるのだろう。古典が安定した出来が保証されているのは、この芝居には、この役者がいると明瞭に了解があることだろうと思う。こうした復活狂言になると、役柄と出演者の関係が曖昧になるきらいがあり、ジグソーパズルの最後の一枚、ピースがぴたりとはまったような喜びを得るのはむずかしい。

ともあれ、座組によって、また、台本の改訂によってさらに面白くなる可能性を秘めた舞台であることは間違いない。